日本航空ユニオンとは

 

日本航空ユニオン(以下JLU)は、日本航空(株)の地上職の組合です。2010年に日本航空ジャパン労働組合と日本航空労働組合が統合して活動しています。

日本航空には運航乗務員(パイロット)の日本航空乗員組合(JFU)と客室乗務員で組織する日本航空キャビンクルーユニオン(CCU)もあります。なお、JAL労働組合(JALFIO)は地上職と客室乗務員の多数が所属していますが上部団体が異なります。

JLUの組合員は、約420名です。

組合員の職種は、国家資格を持つ整備職が中心で、羽田や国内各基地で働いています。その他にも整備間接、運航管理、営業の職場などでも活躍しています。

中央執行委員長は、斉藤 啓一、以下18名の中央執行委員、また、支部は各地区毎に配置して活動しております。

支部は、北日本支部、羽田支部、成田支部、西日本支部、九州支部、5支部の構成となっています。 

JAL グループ各社の労働組合の連絡会「JALグループ労組連絡会」(略称:JALグル連)やJFU、CCUとは「日本航空労組連絡会議(愛称JALユニ/JU)」という連絡会を作り連携を図っています。上部団体である航空労組連絡会(航空連)にも加入しており、幅広い活動を行っています。

 

ご支援のほど宜しくお願いします。


平成30年9月

日本航空ユニオン 

中央執行委員長 斉藤 啓一

 

copyright Japan Airlines Labor Union